KIT金沢工業大学TOP
金沢工業大学へ お問合せ サイトマップ 研究支援機構TOP 研究支援機構インサイド
ContentsMenu 研究支援機構について 産学連携と技術移転の推進 研究情報 行事案内 補助金情報
36ENCOUNTER with MATHEMATICS
第70回
パーシステントホモロジーとその周辺
主催中央大学理学部数学教室
日程・場所2017年12月22日(金)〜12月23日(土)
詳細第70回 パーシステントホモロジーとその周辺(仮題)
●2017年12月22日(金),12月23日(土)
●講演予定者及び講演予定内容:
・平岡裕章(東北大)「パーシステントホモロジーとその応用」
・浅芝秀人(静岡大)「クイバーの表現論とパーシステントホモロジー」
・白井朋之(九州大)「確率論とパーシステントホモロジー」
・福水健次(統数研)「パーシステント図に対する統計的機械学習」
・大林一平(東北大)「位相的データ解析ソフトウェアHomCloudの紹介」
ウェブページhttp://www.math.chuo-u.ac.jp/ENCwMATH/
35第22回国際ヒトゲノム会議
主催
日程・場所2018年3月12日〜15日
パシフィコ横浜 アネックスホール
理化学研究所 横浜キャンパス
詳細詳細はウェブページで確認してください。
ウェブページhttp://www.hugo-international.org/hgm2018/jp/
34第23回 スカイスポーツシンポジウム
主催日本航空宇宙学会
日程・場所平成29年12月2日(土)
都立産業技術高等専門学校(東京)
詳細本シンポジウムは,スカイスポーツの性能向上と安全性に関する学術的な研究のほかに,技術的経験的,知識的および解説的な分野も対象としており,スカイスポーツ研究者と愛好者の交流ネットワークの拡充,将来のコミュニティのコアの育成を図ることを目的としています。
皆様のご参加をお待ちいたしております.

プログラム詳細はウェブで確認してください。
ウェブページhttp://www.jsass.or.jp/web/
33ビジネス分野コアカリキュラム 討論フォーラム(高度専門職業人養成機能強化促進委託事業)
主催京都大学 経営管理大学院
日程・場所2017年12月5日(水)
キャンパスプラザ京都(京都市)
詳細ウェブサイトで確認してください
ウェブページhttp://www.gsm.kyoto-u.ac.jp/ja/corecurri1-3.html
32大学ICT推進協議会
2017年度 年次大会
主催一般社団法人 大学ICT推進協議会
日程・場所2017年12月13日(水)〜15日(金)
広島国際会議場(広島)
詳細発表分野のキーワード
情報基盤とその運用、学術IT 基盤と情報セキュリティ、業務効率化、LMS、e ラーニング、教育学習支援、 情報教育、IT ベンチマーキング、情報リテラシ教育、教育学習支援システム、オープンソース技術、デジタルコンテンツ、学術・教育コンテンツ共有流通、ソフトウェアライセンス、認証連携、クラウド、危機管理、図書館、スーパーコンピューティング、デジタルコンテンツ、IR、データ科学など
ウェブページhttps://axies.jp/ja/conf/conf2017
31電子情報通信学会 総合大会
「電子情報通信が実現する超スマート社会」
主催一般社団法人 電子情報通信学会
日程・場所2018年3月20日(火)〜23日(金)
東京電機大学 東京千住キャンパス(東京)
詳細2018年電子情報通信学会総合大会
会 期:2018年3月20日(火)〜23日(金)
会 場:東京電機大学 東京千住キャンパス(東京)
講演申込期間:2017年11月3日(金)〜2018年1月10日(水)17:00(厳守)
ウェブページhttp://www.ieice-taikai.jp/2018general/jpn/
30名古屋大学宇宙地球環境研究所公開講演会「地球を観る」
主催名古屋大学宇宙地球環境研究所
日程・場所2017年12月2日(土)13:00〜16:30(開場12:30)
名古屋大学 理学南館 坂田・平田ホール(名古屋市)
詳細講演:
「月を観たら地球が観える」 諸田 智克(名古屋大学大学院環境学研究科・講師)
「宇宙から海洋のプランクトンを観る」 石坂 丞二(名古屋大学宇宙地球環境研究所・教授)
「ちきゅう深部を掘ってみよう!」 阿部 なつ江(JAMSTEC・主任技術研究員)
「地球のCT -地震波で観る地下3000km-」 大林 政行(JAMSTEC・主任研究員)
会費:無料 ※事前申込み不要です。
ウェブページhttp://www.isee.nagoya-u.ac.jp/
29ジェンダーと名古屋大学
主催日本学術会議中部地区会議事務局
日程・場所平成29年11月30日 13:15〜16:00
名古屋大学 アジア法交流館(名古屋市)
詳細今般名古屋大学にジェンダー研究を担う拠点として、ジェンダー・リサーチ・ライブラリ(GRL)が今年度開設されました。名古屋大学がこの課題に長年取り組んできた成果でもありますが、今後は大学内での政策の遂行とともに、理論面での研究の促進が期待されています。今回は、文理両分野の研究者から研究の一端を紹介していただきます。
ウェブページhttp://www.scj.go.jp/ja/area/
28イノベーションのための工学教育イノベーション
主催公益社団法人 日本工学教育協会
日程・場所平成29年11月21日(火)
日本建築学会会館ホール(東京都港区)
※申し込みはウェブページから
詳細基調講演「高度クリエイティブ人材の社会的必要性」
パネルディスカッション「デザイン思考で工学教育の殻をやぶる」
ウェブページhttps://www.jsee.or.jp/
27(参加者募集)第14回日独先端科学(JGFoS)シンポジウム
主催独立行政法人 日本学術振興会
日程・場所平成29年12月6日(水)17:00必着
詳細先端科学(Frontiers of Science: FoS)シンポジウムは、次世代を担うリーダーの育成と世界をリードする人材を結ぶネットワーク形成を目的として、日本及び諸外国の新進気鋭の若手研究者を対象に、最先端の科学トピックについて分野横断的な議論を行う合宿形式の国際シンポジウムです。

開催地:京都(予定)
日程 :平成30年9月6日(木)〜9月9日(日)4日間
募集人数:若干名(8名程度)

科学研究費補助金取扱規程(文部省告示)第2条に規定されている学術研究機関に所属する若手研究者*のうち、以下の条件を全て満たすこと
1) 優れた学術業績があること
2) 英語での議論に優れること
3) リーダーシップを発揮できること
4) 自分の専門分野に限らず、幅広い分野に対して興味関心を持っていること
5) 対象となるシンポジウムの全日程に参加できること
*若手研究者:開催年度4月1日現在、博士の学位を有する45歳以下の者または博士の学位を取得後15年以下の者であることを要件とする。
ウェブページhttp://www.jsps.go.jp/j-bilat/fos/
26金沢市産学連携ものづくり技術交流塾
先端ものづくり技術交流セミナー(第3回)
主催金沢市産学連携ネットワーク
日程・場所平成29年11月27日(月)
金沢市異業種研修会館(金沢市打木町東1400)
詳細セミナー:(14:30〜16:30)
1.「サイバーセキュリティの現状と対応できる人材の育成について」
      石川工業高等専門学校電子情報工学科 准教授 小村良太郎 氏
2.「中小企業におけるサイバーセキュリティの実例と対策」
      独立行政法人情報処理推進機構(IPA)技術本部IT人材育成本部
                        専門委員 平原 隆 氏

情報交換会: (16:30〜17:00)
講師や他の参加者と情報交換を行います。

対象者(定員30名):
サイバーセキュリティに関心のある企業、研究開発機関、行政機関の方々

参加費:無料
申込締切:平成29年11月21日(火)
ウェブページhttp://www.kanazawa-sangaku.jp/exchange_promotion.html
25コホート・生体試料支援プラットフォームによる研究支援とその成果
主催文部科学省 新学術領域研究「コホート生体試料支援プラットフォーム」
日程・場所平成29年12月21日(木)13:30〜17:00(開場 13:00)
東京大学医科学研究所 1号館1階 講堂 (東京都)
詳細13:00〜 開場
13:40〜14:55 第1部 支援内容の紹介
15:10〜16:40 第2部 支援を受けた研究成果の紹介

詳細はウェブページで確認してください
ウェブページhttp://cohort.umin.jp/oshirase/20171221.html
24卓越大学院プログラム構想博士人材育成シンポジウム
主催立命館大学
日程・場所2017年10月26日
立命館大学 びわこ・くさつキャンパス
詳細個々人の生活の質を向上させ
健康で活動的に生活できる社会の創生

〜アクティブライフデザインをリードする超創人材育成プログラムの構築に向けて〜
ウェブページなし
23第61回宇宙科学技術連合講演会
主催一般財団法人 日本航空宇宙学会
日程・場所2017年10月25日〜27日
朱鷺メッセ(新潟市)
詳細詳細はウェブサイトを確認してください
ウェブページhttp://branch.jsass.or.jp/ukaren61/
22第91回日本細菌学会総会
第14回日韓国際微生物シンポジウム
主催-
日程・場所2018年3月27日〜29日
福岡国際会議場(福岡市)
詳細演題募集中(詳細はウェブサイトを確認してください)
ウェブページhttp://www.aeplan.co.jp/jsb2018/
21平成29年度製品安全業務報告会のご案内(大阪/東京)
主催独立行政法人
製品評価技術基盤機構
日程・場所11月9日(木) 大阪10:00〜14:45(会場 9:30)
11月16日(木)東京13:00〜16:45(会場12:30)
詳細第T部 口頭発表
(1)平成28年度事故情報収集調査結果について
〜事故調査結果からみえる製品事故動向(増加するリチウムイオンバッテリー搭載製品の事故)〜
(製品安全センター リスク評価広報課)

(2)はんだが関係する事故原因究明に向けた取り組みについて
(中部支所 製品安全技術課)

(3)USB変換ケーブル等によるやけどなどの事故事例について
(北陸支所 製品安全技術課)

第U部 口頭発表
(4)リチウムイオンバッテリー搭載製品における回路構成に関する考察
(製品安全センター 技術業務課)

(5)たんすの転倒による子どもの事故
(製品安全センター 製品安全技術課)

(6)自転車走行中に発生した前輪大変形による転倒事故事例について
(製品安全センター 技術業務課)
ウェブページhttp://www.nite.go.jp/jiko/event/houkoku/houkoku2017.html
20金沢医科大学総合医学研究所 市民公開セミナー
再生医療で変わる未来
〜我が国の再生医療の現状と展望〜
主催金沢医科大学 総合医学研究所・北國新聞社
日程・場所平成29年10月21日(土)14:00 から
詳細■日 時 平成29年10月21日(土)14:00〜16:45
■場 所 北國新聞 20階ホール
■テーマ 再生医療で変わる未来 〜我が国の再生医療の現状と展望〜
◇講 演 講師 石垣 靖人(金沢医科大学総合医学研究所 生命科学研究領域 教授)
     講師 下平 滋隆(金沢医科大学医学部 再生医療学 教授)
◇特別講演  「あすの医療を創る」
     講師 澤 芳樹
(日本再生医療学会 理事長、大阪大学医学部 心臓血管外科学 教授)
ウェブページhttp://www.kanazawa-med.ac.jp/information/open_lecture.html
19第12回 保健・医療・福祉創造 フォーラム
子供の育ちと育みのためにできること
主催金城大学、金城大学後援会、北國新聞社
日程・場所平成29年11月18日(土) 13:00〜16:20
詳細12:00〜受 付
13:00〜開 式
13:15〜講 演 「森で育つ子どもたち」
     小菅 江美(こすげ えみ)氏
     NPO法人 緑とくらしの学校 理事長、森のようちえん てくてく 園長
14:45〜シンポジウム テーマ「子どもは『なに』で育つのか」
16:15〜 閉式
ウェブページhttps://www.kinjo.ac.jp/
18日本学術振興会・大阪大学 共催シンポジウム
主催(共催)独立行政法人日本学術振興会、国立大学法人大阪大学
日程・場所平成29年11月8日(水) 13:30−17:00 (開場 13:00−)
詳細日本学術振興会「課題設定による先導的人文学・社会科学研究推進事業」の成果報告と、人文学・社会科学研究を組織として支える大阪大学の取組紹介を手掛かりとして、日本における人文学・社会科学研究振興の将来像を、制度設計と活用の観点から考える。
ウェブページhttp://www.jsps.go.jp/kadai/symposium.html
17第15回国際伝統医薬シンポジウム・富山(2017)
The 15th International Symposium on Traditional Medicine in Toyama 2017
主催富山大学 和漢医薬学総合研究所
日程・場所2017年11月8日(水)(13:00〜17:00)、9日(木)(9:30〜17:20)
富山第一ホテル 3階「天平の間」(富山市)
詳細天然資源の活用を目指した研究最前線

参加ご希望のかたは当日会場にて受付いたします。
公演はすべて英語で行われます。
ウェブページhttp://www.inm.u-toyama.ac.jp/jp/TM_sympo/15th.html
16The 65th Annual Meeting of the Ecological Society of Japan Sapporo 2018
主催一般社団法人 日本生態学会
日程・場所2018年3月14日(水)〜18日(日)
札幌コンベンションセンター
詳細ESJ65では、公開講演会、シンポジウム、フォーラム、一般講演(口頭発表・英語口頭発表・ポスター発表)、企画集会、自由集会、高校生ポスター発表、総会、授賞式・受賞講演会、懇親会を行います。主な日程は下記のとおりですが、申込状況によって変更されることがあります。詳細なスケジュールは、プログラムおよび大会公式ホームページでお知らせします。

非会員の入会申込・学会費入金: 2017年10月23日(月)15:00
ウェブページhttp://www.esj.ne.jp/meeting/65/
15エCTイノベーションフォーラム2017
(⊂EATECJAPAN2017と同時開催)
主催総務省
日程・場所平成29年10月3日(火)10:00〜17:00
幕張メッセ国際会議場3F(東京)
詳細 総務省では、社会経済ニーズに応え、イノベーションを実現する情報通信分野の研究開発の推進に戦略的に取り組んでいます。
 本フォーラムは、総務省が推進する研究開発のうち、「ICT重点技術の研究開発」及び「戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)」について、研究開発成果に関する講演や展示等を行うことにより、その利活用や社会展開を推進することを目的としています。

詳細はウェブで確認してください。
ウェブページhttp://www.keieiken.co.jp/if2017/
14第7回おおた研究・開発フェア
主催大田区、公益財団法人大田区産業振興協会
日程・場所2017年10月26日(木)〜27日(金)
会場:大田区産業プラザ 1階大展示ホール (大田区)
詳細おおた研究・開発フェアは、新技術や新製品、研究開発成果等をPRし、今後の共同研究・製品開発・用途開発などを来場者に働き掛ける産産連携・産学連携を目的とした展示会です。

今後の新事業展開やベンチャー立ち上げのきっかけとして、是非、当展示会をご活用ください。
ウェブページhttp://www.pio-ota.jp/ota-r-and-d-fair/7/
13第5回 ATM/CNS に関する国際ワークショップ EIWAC2017
主催国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所
日程・場所2017年11月14日(火)・15日(水)・16日(木)
コングレスクエア中野(JR中野駅すぐ)
詳細ENRI, a national laboratory in Japan conducting research and development on air navigation systems is now soliciting research and information papers concerning Air Traffic Management (ATM), Communication, Navigation and Surveillance (CNS) and related topics for the fifth ENRI International Workshop on ATM and CNS (EIWAC2017).
Air transport is now widely recognized as a key contributor to economic and social development. In order to maintain consistent air traffic growth in the world, continuous and harmonized safety improvement and modernization of air navigation systems must be taken into account.
ENRI is now organizing the EIWAC2017 with a view to sharing and discussing the latest technical/operational information and innovative research results about ATM/CNS systems and air traffic safety. The EIWAC series has become a major international conference held regularly in Tokyo with exceeding fifty speakers and panelists from all over the world and four hundred participants. A major feature of the EIWAC is to be an only regular international conference on ATM and CNS held in Asian region.
We cordially welcome you to EIWAC2017.
Please refer to the “Call for Papers” page for further details of the EIWAC topics.
ウェブページhttps://www.enri.go.jp/eiwac/eiwac_2017_jpn.html
12ハイウェイテクノフェア2017
−高速道路を支える最先端技術−
主催公益財団法人 高速道路調査会
日程・場所平成29年11月21日(火)〜11月22日(水)
一般開場10:00 閉場17:00
詳細高速道路の建設・管理技術の普及や活用を促進するとともに、高速道路事業について広くお客様や社会の理解を得ることを目的に開催し、次の様々な機会を提供する。

  ◇ 道路建設管理の最先端技術・工法の情報収集
  ◇ 開発技術等の情報発信
  ◇ 高速道路事業やトピックスを伝える情報発信
ウェブページhttp://htf.express-highway.or.jp/htf2017/
11第13回 日本聴覚障害学生高等教育支援シンポジウム
主催<主催>
 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク
 国立大学法人 筑波技術大学

<共催>
 札幌学院大学
日程・場所2017年10月28日(土) 14時〜17時
   10月29日(日) 10時〜16時

札幌学院大学(江別市)
詳細<目的>
 高等教育機関で学ぶ聴覚障害学生への支援については、近年多くの大学が聴覚障害学生の受講する授業にノートテイカーを配置するなどの体制作りを進めている。筑波技術大学及び日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)では、特に聴覚障害学生への支援体制が充実し、積極的な取り組みを行ってきている大学・機関と共同で、聴覚障害学生支援に関するノウハウを積み重ね、先駆的な事例の開拓を行ってきた。
 本シンポジウムでは、全国の大学における支援実践に関する情報を交換するとともに、PEPNet-Japanの活動成果をより多くの大学・機関に対して発信することで、今後の支援体制発展に寄与することを目的とする。

<対象>
 全国、その他高等教育機関に所属する教職員
 大学等に在籍する聴覚障害学生
 大学等に在籍する聴覚障害学生を支援する情報保障者
 その他高等教育機関における聴覚障害学生支援に関心のある方々
ウェブページhttp://www.pepnet-j.org/
10微生物・バイオマス利用研究領域 第1回シンポジウム
「持続可能社会を支える微生物の力」
主催公益社団法人日本農芸化学会
日程・場所2017年12月10日
徳島大学常三島キャンパス(徳島市)
詳細開会挨拶 佐藤 隆一郎(日本農芸化学会会長)

◆希少物質の社会実装
「農業廃棄物から作る有用希少イノシトール」 吉田 健一(神戸大学大学院)
「微生物の酵素を用いた希少糖生産の最前線」 高田 悟郎(香川大学)

◆バイオポリマー
「高性能プラスチック原料の微生物生産」 高谷 直樹(筑波大学)
「バイオで作るキラルナイロンの先端機能材料化」 芦内 誠(高知大学)

◆複合微生物系
「藍染工程のインジゴ還元に関わる微生物群について」 櫻谷 英治(徳島大学)
「微生物制御3・0 〜集団微生物学のすすめ〜」 野村 暢彦(筑波大学)

◆招待講演
「酒造りの微生物を用いた新しいモノづくり」 秦 洋二(月桂冠株式会社)
「酵母におけるプロリンの生理機能・代謝制御機構の解析とその応用」 高木 博史(奈良先端科学技術大学院大学)

閉会挨拶 吉田 稔(日本農芸化学会副会長)
交流会 [有料]
ウェブページhttp://www.jsbba.or.jp/
9平成29年 日本学術会議近畿地区会議学術講演会 超スマート社会に向けて
主催日本学術会議近畿地区会議、京都大学
日程・場所平成29年9月30日(土) 京都大学 吉田キャンパス(京都市)
詳細・講演1「超スマート社会を実現するビッグデータ創出技術」
  原田 博司(京都大学情報学研究科教授)
・講演2「人工知能のもたらしつつあるもの」
  西田 豊明(日本学術会議連携会員・京都大学情報学科研究科教授)
・講演3「自動運転の技術開発とその課題」
  木津 雅文(トヨタ自動車株式会社コネクティッドカンパニー ITS企画部部長)
・講演4「AIは雇用を奪うか」
  井上 智洋(駒澤大学経済学部准教授)
ウェブページ
82017年 電炉鋼材フォーラムの告知(大阪/名古屋/東京)
主催普通鋼電炉工業会
日程・場所平成29年10月13日(金)マイドームおおさか(大阪市)
平成29年10月19日(木)名古屋国際ホテル(名古屋市)
平成29年10月23日(月)東京国際フォーラム(千代田区)
詳細会場プログラム ※各会場共通

 13:00 開会式
 13:10 最近の電炉鋼材の概況(普通鋼電炉工業会)
 13:40 「転換期を迎えるグローバル経済」(日本貿易振興機構)
 14:45 「土木分野における、RC構造物の省力化・省人化子応報の開発と今後の課題」(株式会社フジタ)
 15:35 「中国の四大波と日本」(株式会社鉄リサイクリング・リサーチ)

※詳細はウェブページで確認してください。
ウェブページhttp://www.fudenkou.jp/
7科学講演会in金沢
主催国立研究開発法人理化学研究所
日程・場所2017年11月23日(木)
金沢歌劇座(金沢市)
詳細高校生・大学生を含む、一般の方を対象とした講演会を金沢で開催します。理研の博士たちが、毎日の暮らしや、わたしたちの健康・医療に関わる、楽しいお話をお届けする予定です。

12:00 開場

14:00〜14:10 ごあいさつ (有信 睦弘 理事 )

14:10〜14:30 特別講演 今後百年の礎を築き、未来を拓く
       松本 紘 理事長

14:30〜15:15 講演 お薬のルネッサンスが到来!?
       講師 田中 克典 田中生体機能合成化学研究室 主任研究員

15:35〜16:20 講演 双極性障害の原因を探る
       講師 加藤 忠史 脳科学総合研究センター 副センター長

16:20 ごあいさつ (小谷 元子 理事)
ウェブページhttp://www.riken.jp/pr/events/events/20171123/
6未来2018
※インキュベーション/アクセラレーションプログラム
主催Incubation & Innovation Initiative(III)
日程・場所詳細を参照
詳細<募集テーマ>
すべての産業・技術分野から応募を受け付けます。
  IoT/AI/テクノロジー
  IT融合/X-Tech
  街/生活
  メディカル/ヘルスケア/バイオ
  クールジャパン/クリエイティブ
  その他

<応募資格>
 ◆シード・アーリーステージにあるスタートアップ企業
 ◆資金調達ニーズにある企業(Pre-Funding, Seed Round A Round等を中心に)
 ◆企業における研究や新規事業のスピンアウトを考えている方、既にスピンアウトした方・企業
 ◆大学・研究機関等に在籍する研究員、大学院生、学部生であって、将来起業することを視野に入れている方

<スケジュール>
 ビジネスプランの募集 2017年7月14日(金) 〜 9月29日(金) 17:00
 一次結果通知 2017年10月13日(金)
 集合研修 2017年10月下旬
 グループメンタリング 2017年11月
 プレゼン研修 2017年12月上旬
 二次審査会 2017年12月14日(木)・15日(金)@東京
 個別メンタリング 2018年1〜3月
 最終審査会 2018年3月8日(木)@大阪
 フォロー・アップ 2018年4月(予定)
ウェブページhttps://mirai.ventures/
5九州工業大学教育フォーラム2017
「学修・教育情報を活用した人材育成教育と社会的質保証-産学の対話と共働を目指して-」
主催国立大学法人九州工業大学
日程・場所2017年10月13日(金)13:00〜16:10(受付12:00〜)
九州工業大学 戸畑キャンパス 百周年中村記念館2階 多目的ホール(北九州市)
詳細・特別講演
  「大学における工学系教育の在り方について(仮題)」
  松永 賢誕 氏 文部科学省高等教育局専門教育課課長

基調講演とパネルディスカッション
  趣旨説明 鶴田隆治九州工業大学副学長(教育・学生担当)
  基調講演「社会での活躍人材の育成に向けて産学対話に期待するもの」
    中尾 類 氏 パナソニック株式会社

パネルディスカッション
  司会   坂本 寛 九州工業大学学習教育センター長
  パネラー 林 朗弘 九州工業大学学習教育センター准教授
       星野 聡孝 氏 大阪府立大学高等教育推進機構教授
       小松川 浩 氏 千歳科学技術大学メディア教育センター教授
       中尾 類 氏 パナソニック株式会社
       山下 朋子 氏 株式会社日立製作所

など
ウェブページhttp://www.ltc.kyutech.ac.jp/
4第52回日本理学療法士協会全国学術研修大会in石川
テーマ:ボッチャと出会って
主催公益社団法人日本理学療法士協会
日程・場所2017年10月20日(金)、21日(土)
石川県立音楽堂コンサートホール(金沢市)
詳細   ・基調講演
   ・特別講演
   ・シンポジウム
   ・公開講座
   ・企業展示  など
ウェブページなし
3モノづくり展
主催公益財団法人さかきテクノセンター
日程・場所2017 年 10月6日、7日
(財)さかきテクノセンター 長野県埴科郡坂城町南条4861-35
詳細開催内容

伝統の技と革新の技術で、世界にはばたくモノづくりの精鋭31社が出展します。

 ふーど市
 3Dプリンタ造形実演
 産業技術総合研究所セミナー「標準化」で創る新しいビジネス
 「BtoB」ビジネス商談会
 町内企業見学会

詳細はウェブサイトで確認してください。
ウェブページhttp://www.sakaki-tc.or.jp/
2海洋エネルギーシンポジウム
主催佐賀大学
海洋エネルギー研究センター
日程・場所2017 年 9月21日
佐賀大学 菱の実会館(〒840-8502 佐賀市本庄町1)
詳細佐賀大学海洋エネルギー研究センターでは、第14回海洋エネルギーシンポジウム(OES2017) を来る9月21日に開催いたします。本シンポジウムでは、エネルギー問題と環境問題を解決するための代替エネルギーの候補の一つである海洋エネルギーの発電技術および周辺技術について講演発表が行われます。また、海洋エネルギーの研究者にとって情報発信の場の一つとなっています。皆様方のご参加をお待ちしています。

 日時:平成29年9月21日(木) 午前10時〜午後5時
 会場:佐賀大学 菱の実会館(〒840-8502 佐賀市本庄町1)
 地図:Googleマップ キャンパスマップ(56番の建物)
 申込:学外からの参加者は WEB, Email, FAX(0955-20-2191)にてお申し込み願います。
 昼食:学内食堂もしくは近隣の施設をご利用願います。

 懇親会:終了後に開催(大学近く.会費5千円程度)
ウェブページhttp://www.ioes.saga-u.ac.jp/jp/
1生物画像データ解析
トレーニングコース
主催自然科学研究機構
日程・場所2017 年 11 月 20 日(月)、22 日(水)
自然科学研究機構 基礎生物学研究所 (愛知県岡崎市)
詳細コース内容

 ・画像処理・解析の基礎に関する講義および ImageJ を用いた演習
 ・ImageJ マクロによる画像処理の自動化について演習
 ・生物画像の定量化について演習を交えながら解説
 ・顕微鏡選択と画像取得の注意点について講義
 ・受講者自身が直面している課題等について議論・解決

*本トレーニングコースで用いるコンピュータは主催者が用意します

参加費:無料(ただし宿泊費,懇親会費別)
ウェブページhttps://is.cnsi.nins.jp/biatc2017/
PageTop
産学連携局 kitor@kanazawa-it.ac.jp
> 研究活動紹介
> 研究活動活性化への施策
> 研究活動の実績
> 公的研究費不正使用防止の取組
> 特許出願と技術移転
> 共同研究・受託研究について
> 研究環境
> 研究所一覧
> 教員録
イベント・セミナー案内
> 政府系の補助金情報
> 助成金情報