KIT金沢工業大学TOP
金沢工業大学へ お問合せ サイトマップ 研究支援機構TOP 研究支援機構インサイド
ContentsMenu 研究支援機構について 産学連携と技術移転の推進 研究情報 行事案内 補助金情報
 

産学連携と技術移転の推進
特許申請と技術移転の推進

大学による特許権利保有
 多くの教員が企業等の経験者で占められるが、教員が企業に在職中に発明に参画した特許や、産学連携による共同研究の成果としての発明分も含め、教員個人の研究業績として研究論文と合わせて情報を一元化している。現教員から報告・登録されている知的財産関連の業績(発明)は、総数約900件を越える。近年 特許が研究業績として高く評価されるようになった。
 大学としての知的財産管理の体制を築き、平成7年度以後大学が発明者(教員)から権利を譲り受けて出願しており、その経費は大学が負担する。企業にこれらの技術を紹介し、その技術移転・事業化を促している。大学発のベンチャー企業から、ロイヤルティー収入も計上されるようになってきた。
H7 H8 H9 H10 H11 H12 H13 H14 H15 H16 H17 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25
特許取得 7 5 4 6 6 6 8 4 4 0 0 9 10 7 13 25 23 31 22
公開特許 3 4 3 2 13 32 35 42 32 47 39 22 19 12 19 19 17 14 15

大学の特許出願

 
PageTop

> 研究活動紹介
> 研究活動活性化への施策
> 研究活動の実績
> 公的研究費不正使用防止の取組
> 特許出願と技術移転
> 共同研究・受託研究について
> 研究環境
> 研究所一覧
> 教員録
イベント・セミナー案内
> 政府系の補助金情報
> 助成金情報