感動デザイン工学研究所

Research Laboratory for Affective Design Engineering

所長挨拶

金沢工業大学 感動デザイン工学研究所

所長 神宮 英夫

 感動デザイン工学研究所では、人が感動するメカニズムを科学的に検証し、人に感動をもたらす製品(感動プロダクト)の研究開発を行います。 感動デザイン工学は、「人の心を感動させる品質構成とは何であるか」を探求し、設計品質として具現化していく学問領域です。従来型の マーケティング戦略では、ブランド力やイメージ誘導などによって感動を表現していく手法が一般的でした。今デジタルコンテンツを含めた 製品開発に求められているのは、価格や品質は言うに及ばず、「消費者の心を揺さぶる製品をいかに生み出すか」なのです。 そこで研究所では、品質構成の段階で消費者に感動をもたらす製品づくりを主要テーマに位置づけます。さらに、感動を工学的に設計できる クリエイティブな人材(クリエーター)を養成するシステムを開発・構築していきます。また、人が感動したときにどのような生体反応 を示すのかを科学的に計測し、数値化していく技術開発も行います。これらの技術、システムを、日常で使われる身近な生活用品にも、 技術転用し、人々に新たな感動をもたらす”ものづくり”の可能性を、世界に向けて提案していきます。
TOP>所長挨拶
このページのトップへ