令和2年度第9回IDESメンバーシップ講習会

第9回IDESメンバーシップ講習会を令和2年12月18日(金)にオンラインにて下記のとおり開催いたします。
開催案内はこちらからご覧ください。

皆様のご参加お待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。


<令和2年度第9回金沢工業大学 地域防災環境科学研究所 メンバーシップ講習会>
■開催日時■
令和2年12月18日(金)14:00 ~ 15:30

■開催場所■
Zoomを用いてオンライン開催いたします

■お申込方法■
次の内容を事務局までメールにてお送りください。
・件名:第9回IDESメンバーシップ講習会参加申込み
・貴社名
・所属・役職
・参加者名
・ご連絡先メールアドレス
・全国土木施工管理技士会連合会継続学習制度(CPDS)の登録番号
・11桁の建築士会CPD番号(または建築士番号等)(建築士会CPDをご希望の方はカナ氏名もお知らせください)
・建設コンサルタンツ協会CPDをご希望の方はお知らせください

■お申込期日■
令和2年12月11日(金)

■注意事項■
・オンラインセミナーにつき、メンバーシップ事務局で受講者全員のCPDSの学習履歴申請を行いますので、受講者からの履歴申請は不要です。
(申込時にCPDSの登録番号をお知らせ下さい)
・受講の際は、Zoomの利用、1人1台のPCまたは10インチ以上のタブレットで受講、Zoomの際カメラの使用が必要となります。
・セミナー中は音声、チャットで質疑応答が可能です。
・セミナー中、受講のエビデンスとしてスクリーンショットを撮らせていただきます。
(CPDS・CPDへの学習申請のエビデンス以外に使用いたしません)
・お申込み頂いた方には別途、Zoom入室URL等を配信します。

■プログラム■
14:00 ~ 15:30
講演『石川県における最近の公共事業』
金沢工業大学 地域防災環境科学研究所 客員教授 常田 功二 氏

・CPDS  2ユニット:承認済
※今回のCPDSの2ユニットは形態コード101-2分野です。
※形態コード101-2分野(施工管理技士の資質の向上に有用な学習)とは2019年度から新設された形態コードで、2018年度までユニット対象外としていた計画系や施策等、担い手、働き方改革等、施工技術者としての資質の向上に役立つものをユニット対象として「形態コード101-2」として登録します。形態コード101-2は年間 6 ユニットの上限があります。

・建築士会CPD 2単位:申請中
・建設コンサルタンツ協会CPD 1.5単位:承認済

【概要】
 石川県で行われている様々なインフラ整備について概要を説明し、それらの事業がどのような必要性、経緯に基づいて推進されているのか、また、それら事業がもたらす多方面への波及効果について説明し、環境土木系技術が地元地域社会にどう貢献しているかの情報を提供する。
 道路整備や港湾整備はそれぞれの本来の効果、例えば時間短縮、交通安全、コンテナ取扱増、旅客船の寄港増などももちろん期待できる。しかし、金沢港と加賀海浜道路の改築によるシナジー効果により加賀地区の製造業製品が陸送から海運にシフトしてきたこと。また同様にのと里山海道の無料化により能登地区に生産拠点を移す農業関係企業が現れたこと。「世界農業遺産」に認定された能登で作る農作物というプレミアムをのと里山海道を経て金沢港から大消費地へ送る戦略である。これまで能登は遠隔地であるというハンディを公共事業施策が覆した結果といえる。その他、金沢城公園につながる鼠多門と橋が単に遺跡の復元ではなく、金沢中心部を観光回遊するまさに架け橋になった事例なども紹介する。