所長挨拶

人間の「心」の機能解明を目指し、認知・行動・情動過程での脳内活動を研究

写真欄
教授・理学博士
河原 哲夫
 人間情報システム研究所は、情報システムとしての人間の特性を明らかにし、それに見合ったテクノロジーや社会環境のあり方を積極的に提言することを目指しています。
 従来の機械システムが、私たち人間の生活に多くの便益を与えた一方で、しばしばユーザーとの摩擦を起こしているのも事実です。 この摩擦を減らすには、変動する環境のなかでユーザーである人間の意図を理解し、意図にかなった機能をリアルタイムに自ら創り出すことのできる機械システムの設計原理を明らかにすることが必要となります。
 当研究所では、このような目標のもとに、人間の感覚、運動機能および脳の情報処理システムとしての特性および微小脳システム(昆虫など)の行動原理の研究などを通して、人間と共創できる機械システムの設計を行っていきます。

TOP>所長挨拶
このページのトップへ