本文へスキップ

金沢工業大学 地域防災環境科学研究所

TEL. 電話 076-274-7009(代)

〒924-0838 石川県白山市八束穂3丁目1番地

NCEPT

産官学による共同研究と人材育成の拠点
       地域防災環境科学研究所
(IDES)


所長挨拶

 

歴史都市「金沢」およびその周辺には、貴重な建築物や土木構造物が数多くあります。それらの一部は、往時に加賀百万石の礎を築き、今日まで豊かな文化を育むことに活用されています。一方、金沢を含む北陸では、山海の急峻な地形や厳しい風雪の影響を受けます。それが故に、先人から現代人まで世代を超えて、建設ならびに維持管理に関する工夫に満ちた技術が、開発・伝承されてきました。この様な地域特有の背景を意識した唯一無二の建築・土木に関する“ものづくり”と“ことづくり”を支援する施設として、「地域防災環境科学研究所」は存立しています。
 当研究所は、平成20年度「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」の補助を受けて、平成213月に、延べ床面積が6046m2で、鉄骨造4階建ての研究棟を竣工いたしました。最新の大型研究装置も設置し、時宜を得た研究を実施しています。
 例えば近年、甚大な自然災害が多発しています。したがって、市民が安全に生活するためには、建物や社会基盤において、あらゆる現象を想定した防災技術が必要となります。また、地球温暖化の抑制や生物多様性の保持、加えて3R(ReduceReuseRecycle)による地域環境の保全も求められています。したがって、住宅・都市・国土に対する環境技術は、人類の持続的発展のために欠かすことはできません。さらに、インフラストラクチャ―の老朽化が社会問題になっています。したがって、市民生活の安心と快適を継続するメンテナンス技術も必要です。
 この様な建築・土木に関する諸問題を対象に、基礎研究から応用研究までを通貫して取り扱い、科学的な考察に基づく高度な技術情報を発信している場が、本研究所になります。特長は、産官学の研究者ならびに技術者が参加できる公募型の共同研究を、金沢工業大学のオープンリサーチセンターとして実施している点です。また分野を超えた、学際的な共同研究も推進しています。その成果として、汎用性が高くかつ国際的な研究成果が得られています。また、防災・環境・老朽化問題は、地域の特殊性に大きく依存いたします。そのため、それらの特殊性を反映した実践的な開発研究も、実績を残しています。
 引き続き本研究所は、多様な研究成果を上げ、社会の発展に寄与する所存ですので、皆様の温かいご支援・ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。



金沢工業大学        
地 域 防 災 環 境 科 学 研 究 所
所 長   宮里 心一

研究所の沿革

2008年
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 補助を受ける。
文部科学省『戦略的研究基盤形成支援事業』採択事業
研究期間:H20年〜22年度(3年間)
研究プロジェクト代表者 畠秀雄
2009年
3月 研究所 竣工
4月 IDES公開セミナー(金沢工業大学地域防災環境科学研究所講習会) 開催
2013年
H25年度 文部科学省『戦略的研究基盤形成支援事業』採択事業
研究期間:H25年〜27年度(3年間)
研究プロジェクト代表者 畠秀雄
2014年
1月 IDES公開セミナー  CPDS(継続学習)のユニット付与開始
9月 シンポジウム 「南海トラフ巨大災害の防災対策」
2015年
8月 研究報告会 「南海トラフ巨大災害の実効性ある防災対策」 大阪・名古屋 開催
9月 研究報告会 「南海トラフ巨大災害の実効性ある防災対策」 静岡 開催
2016年
2月 シンポジウム 「南海トラフ巨大災害の実効性ある防災対策」 大阪 開催
10月 IDES公開セミナー  建築士会CPD(継続学習)の認定単位付与開始
                          このページの先頭へ

HOME

バナースペース

金沢工業大学 
地域防災環境科学研究所

〒924-0838
石川県白山市八束穂
3丁目1番地

TEL
076-274-7009(代)
FAX
076-274-7102
E-mail
ides@mlist.kanazawa-it.ac.jp 

 2017/8/28更新
 
畠秀雄・北田幸彦・竹脇出著
鹿島出版会
2016.2. 発刊

畠 秀雄著
鹿島出版会
2014.9.10 発刊
ISBN:9784306094369