News & Topics
2016.5.24日 研究者紹介をリニューアルしました!
2014.9.6日 第16回日本感性工学会大会(会場:中央大学 後楽園キャンパス)で発表を行いました。 この研究は金沢工業大学感動デザイン工学研究所と株式会社ポジティブドリームパーソンズ(本社 東京都)との、感動を科学する共同研究の一環として行われたものです。
2013.12.18 「第15回日本感性工学会大会」にて株)明治食品開発研究所の研究グループとのホットミルクを飲むと“ホッとする”現象 の成果発表を行いました。br> 2013.4.12 ウェディング事業を手がける株式会社ポジティブドリームパーソンズ(東京都渋谷区)と、“人が感動する” VTR映像の編集技術を開発するため共同研究を開始します。
2010.9.6 日本海イノベーション会議にてデザイン工学研究所の紹介を行いました。
2011.6.10 感動デザイン工学研究所の成果が出版。詳細はこちらから
2010.2.19 4D2Uコンテンツの体験会を開催しています。詳細はこちらから
2010.1.15 プロジェクト3のワークショップのチラシができました。詳細はこちらから
2009.9.12 9月12日(土)11:00より、プロジェクト3主催によるワークショップを開催します。
2009.6.20 感動デザイン工学研究所プロジェクト3主催のワークショップを開催します。
2009.3.24 平成20年度の活動報告書ができました。
2009.2.11 研究成果の製品化第2号「水餃子」が大手量販店より発売されます。詳細はこちらから
2008.11.17 研究者紹介に平成20年度研究業績を追加しました。


金沢工業大学 感動デザイン工学研究所

所長 神宮 英夫

感動デザイン工学研究所では、人が感動するメカニズムを科学的に検証し、人に感動をもたらす製品(感動プロダクト)の研究開発を行います。 感動デザイン工学は、「人の心を感動させる品質構成とは何であるか」を探求し、設計品質として具現化していく学問領域です。従来型の マーケティング戦略では、ブランド力やイメージ誘導などによって感動を表現していく手法が一般的でした。今デジタルコンテンツを含めた 製品開発に求められているのは、価格や品質は言うに及ばず、「消費者の心を揺さぶる製品をいかに生み出すか」なのです。 そこで研究所では、品質構成の段階で消費者に感動をもたらす製品づくりを主要テーマに位置づけます。さらに、感動を工学的に設計できる クリエイティブな人材(クリエーター)を養成するシステムを開発・構築していきます。また、人が感動したときにどのような生体反応 を示すのかを科学的に計測し、数値化していく技術開発も行います。これらの技術、システムを、日常で使われる身近な生活用品にも、 技術転用し、人々に新たな感動をもたらす”ものづくり”の可能性を、世界に向けて提案していきます。