研究課題

 加齢医工学先端技術研究所は2016年に設立された。しかし、研究所としての取組んでいる研究課題は参画しているそれぞれの研究員が独自に研究を継続してきた成果にもとづいている。本格的な研究所としての活動は、平成29年度が開所と考えることができる。
 研究所としての活動は、所のテーマとしてあげた次の4つの課題となる。
1.加齢医学生化学研究グループリーダー:山口 照英研究所長
2.再生医療の安全性評価グループリーダー:小木 美恵子研究員(教授)
3.細胞加工技術開発研究グループリーダー:會澤 康治研究員(教授)
4.非臨床モデル開発グループリーダー:山口 照英研究所長



【血管再生医療開発のイメージ図】




論文発表





山口 照英
  1. Yamaguchi,T., Uchida,E.; Oncolytic Virus: Regulatory Aspects from Quality Control to Clinical Studies. Curr Cancer Drug Targets. doi: 10.2174/1568009617666170222142650. [Epub ahead of print] in press (2017)
  2. Medina,R.J., Barber,C.L., Sabatier,L., Dignat-Grorge,F., Melero-Martin,J.M., Khosprotehrani,K., Phneda,O., RandiA.M., Chan,J.K.Y., Yamaguchi,T., Van Hinsberggh,V.W.M., Yoder,M.C., Stitt,A.W.; Endothelial Progenitors: A Consensus Statement on Nomenclature. Stem Cells Trans. Med. DOI: 10.1002/sctm.16-0360 (2017)
  3. Kanayasu-Toyoda T, Tanaka T, Kikuchi,Y. Uchida,E. Matsuyama,A. Yamaguchi T.: Cell-surface MMP-9 protein is a novel functional marker to identify and separate pro-angiogenic cells from early endothelial progenitor cells derived from CD133+ cells. Stem Cells. 34, 1251-1262, (2016)
  4. Kanayasu-Toyoda,T, Tanaka,T, Ishii-Watabe A, Kitagawa H, Matsuyama A, Uchida E, Yamaguchi T.: Angiogenic Role of MMP-2/9 Expressed on the Cell Surface of Early Endothelial Progenitor Cells/Myeloid Angiogenic Cells. J Cell Physiol. 230, 2763-2775. (2015)
  5. K. Sakai-Kato, K. Nanjo, T. Yamaguchi, H. Okuda, and T. Kawanishi, High-performance liquid chromatography separation of monoclonal IgG2 isoforms on a column packed with nonporous particles. Analytical Methods 5, 5899-5902 (2013)
  6. Yamaguchi,T., Kanayasu-Toyoda,T., Uchida,E.,; Angiogenic Cell Therapy for Severe Ischemic Diseases. Biol. Pharm. Bull. 36(2):176-181 (2013)
  7. 山口照英,内田恵理子:遺伝子治療関連法規.「細胞治療認定管理師制度認定カリキュラム」pp28-38 (2016)
  8. 内田恵理子,古田美玲,菊池裕,窪崎敦隆,遊佐精一,宮原美知子,佐々木裕子,小原有弘,大谷梓,松山晃文,大倉華雪, 山口照英: 日本薬局方参考情報収載マイコプラズマ否定試験のPCR 法改正のための共同研究、マイコプラズマ学会雑誌(印刷中)
  9. 内田恵理子,古田美玲,菊池裕,窪崎敦隆,遊佐精一,宮原美知子,佐々木裕子,小原有弘,大谷梓,松山晃文,大倉華雪, 山口照英: 細胞基材に対するマイコプラズマ否定試験のPCR法の見直しに関する研究、医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 45 (5), 442-451 (2014)
  10. 内田恵理子,古田美玲,菊池裕,窪崎敦隆,遊佐精一,宮原美知子,佐々木裕子,小原有弘,大谷梓,松山晃文,大倉華雪, 山口照英: 細胞基材に対するマイコプラズマ否定試験のPCR法の見直しに関する研究、医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス 45 (5), 442-451 (2014)
  11. 山口照英:バイオ医薬品の効率的製造に向けた世界動向と規制状況.BioIndustry, 30, 47-54 (2013)
  12. 山口照英:バイオ(抗体)医薬品・後続品のコンパラビリティ(同等性/同質性)評価方法とバイオ後続品としての抗体医薬品の要件.バイ抗体医薬品・後続品におけるCMC 研究・申請と同等性確保.サイエンス&テクノジー出版.Pp.1-16 (2012)
  13. 山口照英:バイオシミラーについて.分子標的薬(日本臨床) pp.671-677 (2012)
  14. 山口照英:第十六局方第一追補に収載された生物薬品と関連する試験法について.Pharm Tec Japan,28(14), 39-46 (2012)
  15. 山口照英,内田恵理子;核酸医薬品: 核酸医薬品の開発動向とその品質・安全性確保. 「世界の薬事規制対応・承認申請」技術情報,第2章, pp926-937(2012)
  16. 山口照英:バイオ(抗体)医薬品・後続品のコンパラビリティ(同等性/同質性)評価方法とバイオ後続品としての抗体医薬品の要件.バイ抗体医薬品・後続品におけるCMC 研究・申請と同等性確保.サイエンス&テクノジー出版.Pp.1-16 (2012)
  17. 山口照英:バイオシミラーについて.分子標的薬(日本臨床) pp.671-677 (2012)
  18. 山口照英:第十六局方第一追補に収載された生物薬品と関連する試験法について.Pharm Tec Japan,28(14), 39-46 (2012)

小木 美恵子
  1. Kaori Sakamoto, Mieko Kogi and Takayasu Yanagisawa.: Effects of Salinity and Nutrients in Seawater on Hydroponic Culture of Red Leaf Lettuce. Environ. Contol Biol. 52(3):189-195 (2014)
  2. Luan,Y. Kogi,M. Rajaguru,P. Ren,J. Yamaguchi,T. Suzuki,K. Suzuki,T.: Microarray analysis of responsible genes in increased growth rate in the subline of HL60 (HL60RG) cells. Mut. Res. 731, 20-26 (2012)
  3. 小木美恵子 : ストレスマーカとしての唾液中クロモグラニンA. 応用細胞補完代替医療学,第1巻46-56 大学教育出版(ISBN 978-4-86429-188-0)(2012)
會澤 康治
  1. Koji Aizawa and Yoshiaki Tokunaga, "Pressure and pressure gradient of laser-induced emergent stress waves using 0.07-mm-thick black rubber target", Acoust. Sci. & Tech., 36(2), pp. 155-157 (Feb. 2015).



産業財産権

小木 美恵子
  1. 小木美恵子,高村禅,井出上公太郎,高林晴夫:血球の密度変化を利用した密度勾配遠心法による有核赤血球の回収法,特許第5265815号,(2013)
  2. 小木美恵子,高村禅,井出上公太郎,高林晴夫:血球の密度変化を利用した密度勾配遠心法による有核赤血球の回収法,米国特許取得済 US 9,334,477
會澤 康治
  1. "外来物質導入装置および外来物質導入方法",會澤康治,小木美恵子,平成27年7月28日(特願 2015-223748)




TOP>活動報告
このページのトップへ