コンセプト

 江戸時代初期に形成された街路網の多くが現代まで継承され、各時代の特徴を示す景観・庭園・建築など藩政期からの重層的な歴史的環境を今にとどめる金沢は、その魅力を活かしたまちづくりが現在も継続している最大の都市です。
 金沢工業大学では、草創期から各専門研究者がこの金沢の歴史的環境・空間に着目し、都市・まちづくり、景観、建築の研究に継続して取り組んできました。また現在ではAR(拡張現実)等の最先端のICT技術を導入し、城下町金沢の歴史的資源を活かした未来型プロジェクトも進んでいます。
 本研究所は、歴史都市金沢をテーマに各研究者が専門領域を活かして進めてきた都市・景観・建築の学術的研究、各種プロジェクトや社会貢献等の成果や活動を統合し、相互に連携を図り、その成果を社会に発信する研究機関です。
TOP研究所説明>コンセプト
このページのトップへ