研究支援体制について

研究支援機構が産業界と大学を結ぶ、窓口となります

KIT(金沢工業大学)には世界水準の研究を行う30の研究所があります

最新のテクノロジーに関する研究所はもちろん、経済活動や社会環境問題に対応した研究所など広い領域の研究所があります。学科・学系の枠を超えてスタッフが集結し、アメリカの大学の例に見られるような、プロジェクト型の研究所となっています。

【附置 研究所】
【研究センター】
人間情報システム研究所
材料システム研究所
高度材料科学研究開発センター
先端電子技術応用研究所
日本学研究所
科学技術応用倫理研究所
光電相互変換デバイスシステム研究開発センター
心理科学研究所
先端材料創製技術研究所
ゲノム生物工学研究所
情報技術研究所
生活環境研究所
ものづくり研究所
感動デザイン工学研究所
知的財産科学研究所
FMT研究所
メディア情報研究所
地域防災環境科学研究所
建築アーカイヴス研究所
国際学研究所
知的創造・経営研究所
 
 
 
【海外研究所】
 
 
KIT/UMD共同脳磁研究所
(メリーランド大学内)
 
KIT−マックゥェーリー大学脳科学研究所
(マックゥェーリー大学内)
 
 

既に、年間200件をこえる委託研究を行っています

ハードウェアとして低温工学応用技術、セラミックス材料・高分子材料応用技術などを、またソフトウェアの面では信号処理技術、逆問題などの信号源解析技術、グラフィカルユーザーインターフェースなどのマルチメディア関連技術、ネットワーク技術などを開発します。

幅広い人材とネットワークで産業界の期待に応えます

金属・シリコン材料デバイス、レーザーや超音波を用いた高感度計測システム、高性能制御システムを実現します。

↑pagetop