外部研究費導入実績(H29年度) 外部研究費導入実績(H28年度)
外部研究費導入実績(H27年度)  

所長


情報フロンティア学部心理科学科 教授・副学長
神宮 英夫

”感動”をデザインするものづくり
『紙オムツから自動車まで』、お客様の心を動かすものづくりを目指します。

所員


情報フロンティア学部心理科学科 教授
近江 政雄
心の働きの可視化
脳と自律神経系の計測による心の機能の評価を目指します。

情報フロンティア学部心理科学科 教授
伊丸岡 俊秀
感動を支える脳と認知の計測
視線計測、脳計測、心理実験、さまざまな手法を使って心の動きを明らかにします。

情報フロンティア学部メディア情報学科 教授
松下 裕
種々の推論モデルを用いて視線データや感性データからユーザの行動特性を分析することにより,魅力的なWebサイトのデザイン方法や映像の効果的な編集方法の提案に結び付く知見を導出する研究に従事しています。

情報フロンティア学部心理科学科 准教授
渡邊 伸行
人と人、人と機械のコミュニケーションにおける、日常の素朴な疑問を研究対象として、心理学研究法を活用して研究に取り組んでいます。

情報フロンティア学部メディア情報学科 教授
出原 立子
人・街・文化をつなぐメディアをデザインし、感動を創出することを目指します。

工学部情報工学科 教授
山本 知仁
人のコミュニケーションを解析し、人に感動をあたえるようなコミュニケーション支援システムを構築します。

情報フロンティア学部メディア情報学科 教授
山田 真司
感動するコンテンツを分析しコンテンツ作りに活かす
アニメ、ゲーム、マンガなどクールジャパンコンテンツを感性工学的に分析し、感動するコンテンツ作りに活かします。「萌え」も研究しています。

情報フロンティア学部心理科学科 教授
田中 吉史
感動を生み出す人を支援する
デザイナー、クリエイター、アーティストなど、人が発想する心のメカニズムに認知心理学的観点からアプローチし、新しいものを生み出す人の支援を目指しています。

情報フロンティア学部メディア情報学科 准教授
江村 伯夫
音・音楽の感動を科学する
『感動する音・音楽』の仕組みを生理・心理学的アプローチによって解明することにより、情報処理技術によってそれらを科学的にデザインする方法論を構築します。

情報フロンティア学部メディア情報学科 講師
高野 佐代子
人の体の構造に基づいて多面的に音声を調べる
アニメやドラマ、ニュース、子供と大人、英語などの音声についてコンピュータ工学、医学、また各種の文系科目を通した複合分野によるアプローチを行っています。

情報フロンティア学部メディア情報学科 講師
根岸 一平
目ではなく脳で見る、あなたの前の景色はあなたの脳が作っている
視覚によって色・形・速さなどを知る仕組みはどうなっているのか、人の「見る」メカニズムの解明を目指す。

情報フロンティア学部心理科学科 助教
加藤 樹里
なぜ人は感動するのか?
物語,芸術,自然への感動メカニズムと感動することが私たちにもたらす影響を解き明かす研究に取り組み,ものづくりに活かすことを目指しています。