感動デザイン工学研究所のコンセプト
感動プロダクトのための創作技術とクリエイティブ人材養成システムの開発

産業界と地域社会に開かれた研究拠点

金沢工業大学感動デザイン工学研究所は、21世紀の”ものづくり”において重要視されている 、人に感動をもたらす優れた製品開発を行うため、平成19年3月に開設されました。「人が感動 したとき、どのような生体反応を示すのか」。この疑問に答えるため、脳波形や光トポロジー、脳 磁場計測システム(MEG)、筋電計などを用いて数値を測定し、感動の評価システムを確立させて いきます。この成果を基盤に感動共有技術開発による新たな”ものづくり”の提案をし、この技術の 応用と支援手法の研究を推し進めていきます。また、感動を生み出すことのできるクリエイティブな 人材を養成します。研究には学外から幅広い人材の参加を募り、その成果は産業界や地域社会へ 還元、普及し、人が感動するものづくり技術の確立早期に実現します。学外に開かれたリサーチセンター として、当研究所は産業界や地域社会の進展に貢献していきます。

Project 1
感動の測定・評価システムの開発
・感動の特質を解明
・コミュニケーションメカニズムの解明
・感動創出システムの構築

Project 2
感動共有技術開発による新たな”ものづくり”の提案
・五感情報の統合化技術
・感動共有技術開発
・感動の特質について確認・検証

Project 3
感動共有技術の応用と支援手法の開発
・感動体験を与えるコンテンツの開発
・コンテンツ開発人材の育成
・実社会への成果の還元